New Release

SuiteOníricaEncarte_Jacket

Rafael Martini Sexteto Venezuela Symphonic Orchestra «suíte onírica»

現代ブラジルで最も傑出した才能の一人とされるハファエル・マルチニが、オーケストラとともにドビュッシー、ジョビン、ピシンギーニャ、ストラヴィンスキー、ギル・エヴァンス、リゲティの間に照応関係を見出す、マニエリスム的「一致する不一致(ディスコルディア・コンコルス)」。ジョアナ・ケイロス、アレシャンドリ・アンドレスが参加。

2017.08.03

New Release

Lull

Masaki Hayashi «Lull»

日本屈指のジャズピアニストとして、渡辺貞夫、菊地成孔、椎名林檎など、多岐にわたるジャンルの重要人物から寵愛を受ける林正樹が、コンポーザーとしてもより高い評価を得た«Pendulum»(2015)を経て、満を持して取り組んだ、オリジナル楽曲のみで構成されたソロピアノ・アルバム«Lull»。

音の潜在的可能性、内密性、イメージを豊かに変成させる物質的想像力、恣意を排した透明な精神をもって、クラシック、ジャズ、ワールド、アンビエントなどのエレメントが未分化に揺籃する、過去にあらわれることのなかった、未生の音楽の可能性へと遡行する。

2016.11.02

New Relwase

Cover Art : Imiri Sakabashira

Joana Queiroz, Rafael Martini, Bernardo Ramos «GESTO»

SPIRAL RECORDS New Album

「21世紀のクルビ・ダ・エスキーナ」と称される現代ブラジルの尖鋭的なアーティストが集う音楽サークルにおいて、中心的な役割を担う3人、才色兼備のクラリネット奏者ジョアナ・ケイロス、そのサークルのなかで最も傑出した作・編曲家/ピアニストとして賞賛されるハファエル・マルチニ、クラシック/ジャズを素地とした卓越した演奏でシーンの屋台骨となるギタリスト、ベルナルド・ハモスからなるスーパートリオの1stアルバム«GESTO» 。

The crystallization of new chamber pop sound by the superb trio, Joana Queiroz, Rafael Martini, Bernardo Ramos - who are the representatives of the music circle called “twenty-first century Clube da Esquina”, where cutting-edge artists of the contemporary Brazilian scenes come together.

2016.08.03

New Release

FLOW

Kazuma Fujimoto «FLOW» 3.30 Release

SPIRAL RECORDS New Album

大地の薫るチェンバーミュージック。
ジャズ、クラシックを基調に、多岐にわたるフォークロリックな音楽から大地の滋養を汲み、静謐な響きのうつろい、ゆるやかなうねりを宿した演奏で、自然の情景と通う、室内楽のあらたなかたち。たおやかなイメージの豊穣――。
ギタリスト・作曲家、藤本一馬の新境地。

Chamber music with a sensation of the earth
With jazz and classic music as basic tones, Fujimoto’s performance absorbs the sustenance from diverse folkloric music, bearing transition of peaceful sound and flowing swell. It indicates a new form of chamber music, leading to natural scenes. This album brings full of graceful images, discovering new scope of a guitarist/composer, Kauzma Fujimoto.

2016.03.30

News